自作リキッドのあれこれ 作成編

まずはPGとVGを混ぜてベースを作ります
初めは50%50%でいいでしょう

あとはそれぞれの特徴を活かし、
例えばPG30%VG70%など比率を変えたりします


PGはフレーバーの風味を損ないづらい
代わりに
煙が少ない、リキッドが跳ねやすい
VGは
煙がたくさん出やすい
代わりに
フレーバーの風味が出にくい
粘度が高いので供給不足(ドライヒット)になりやすい


これは個人の好みだったり使用するフレーバー
によって左右されるでしょう
自分でいいところを見つけてください
ちなみに私はPG30%VG70%と40%60%が一番多いですね
理由はまた別の記事で説明するとします


フレーバーはたくさん種類があります
私がよく使うのはCapella Flavourです


フレーバーはいつもVAPECHKさんでお世話になってます


フレーバーはベースに10~20%ほどで事足りると思います


ボトルは容量がいくつかありますが、
私は10mlと30mlをいくつか持ってます


シリンジ、スポイトは目盛がついたものを
細かい調整をする際に便利です


さてここまではほぼ必須であろう物の紹介


ペットボトルのキャップは何に使うのか?
ペットボトルのキャップ容量は満杯で約5ml
ということでお試しフレーバーを作ったり
失敗しないように大体の目安を作るときに使います





↓ポチッと
ランキング応援お願いします!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。