Cthulhu MOD Hastur RDA V2S レビュー

今回はこちら


みんな大好きDripboxのお供

Cthulhu MOD Hastur RDA V2S のレビューです

シルバーとブラックがラインナップされています


購入はいつもお世話になっている

Vapechkさんにて



アトマイザースペック

・HEIGHT 20mm(ドリップチップを含まない)

・WIDTH 22 mm


・トップエアフロー

・本体:304ステンレススティール製

・PEEKインシュレーター(絶縁パーツ)

・ワイヤーホール2.0mm

・ヴェロシティデッキ(2ポール4ホール)


なんといっても最大の特徴は

BFピンが付属しているという点でしょうか

もちろん通常のRDAとしても優秀です

最近のアトマイザーはデッキが広くて

ビルドしやすいのは当たり前なんですね

内容物

・Hastur RDA V2S本体

・ワイドボアドリップチップ

・510ドリップチップアダプター

・予備Oリングいっぱい

・予備ネジ2つ

・6角レンチ

BF用ピン


内容物は至ってシンプルです

分解はここまで出来ます

洗浄には苦労しませんね

一番左のが絶縁パーツでしょうか?

かなり小さいので取り扱いには注意が必要です

510ドリップチップアダプターも付属なので

お手持ちの510ドリップチップも使用可能です


インナースリーブのエアホールが大きいです

トップエアフローになっています

ドローはスカスカです

デフォルトでは右の通常のピンがセットされています

左のピンがBF用のピンになってます


BFとは?って方はこちらに簡単に説明が書いてあります


アトマイザー内観

ワイヤーホールが大きいので

クラプトンコイルでも余裕です

こういう気遣いのあるアトマイザーは好きです

リキッドウェルは深めです

コットン量を見極めればリキッド保持も

それなりにしてくれるはずです

BF用のピンの換装してあります

こちらの穴からリキッドが出てきます

実際にビルドしてみた

私的最近流行りのクラプトンコイルです

26g/32gのカンタルクラプトンワイヤーで2.5mm径

4巻スペースドコイルで組んでみました

このビルドで約0.3Ωになりました


どうしてこんな低抵抗でのビルドなのかというと

Dripboxで使う時にこれくらいの抵抗値に

しないと、立ち上がりが遅すぎてまともに

使えないからです


Dripboxで使わないで普段使いなら

やはり私は0.5Ωくらいでビルドしてます

今回は無印のオーガニックコットンです

Kendo Vape Cottonだとリキッドを弾きやすくて

Hastur v2sだとリキッドが漏れやすいんです


そうなんです

実はHastur v2sの欠点は

インナースリーブとトップキャップが緩くて

リキッドが滲み、漏れやすいところなんです

個体差なのかな?と思って色々調べたのですが

どうやら個体差ではなく元々そういう物らしいです

なのでOリングの内側にデンタルフロスを巻いて

きつくする方法があるらしいです

私はめんどくさいのでやってません....(´ε` )

うまく味が出ない~って方は

エアホールの位置にコイルがくるようにしてください

こうしてあげると味の出方がダンチです

アトマイザー外観

アトマイザーの質感はツルッとしてます

サイズ的には割りとコンパクトです



総評しては

この価格帯でのBF用としての使用なら

GOODだと思います

ただし普通のRDAとして使うなら

もっと他にも良い物があるので違う物をオススメします


もちろん味が出ないとか煙が少ないとか

そんなことは決してないです


国内だと約¥4000程

海外だと約$15~20程

だと記憶しています


どうしても使ってみたい方は

海外通販で購入してみてはいかがでしょうか?


↓をポチッと

ランキング応援よろしくお願いします!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。