Kangertech DRIPBOX スターターキット レビュー

今日はお手軽にしてお手頃なBFMOD

DRIPBOX スターターキットのレビューです


まず初めにBFとはなんでしょうか

Bottom Feederの略です

アトマイザーのポジティブピンから

リキッドを供給する専用のMODです。


一般的にRDAタイプのアトマイザーは

自分でコットンにリキッドをドリップしないと

リキッドチャージできませんが、

BFMODを使えば付属のボトルを指で

押すだけで簡単にリキッドチャージできます


故にリキッドボトルを持ち歩かない

イガり(ドライヒット)づらい

リキッドが漏れづらい

というメリットがあります


しかし、BFMODのほとんどが高価な物が多く

欲しくても手が出しづらいというデメリットがありました


そこでKangertechがお手頃な値段で

楽しめるBFMODを発売しました


今回はこちらをレビューしていきます!

内容物

DRIP MOD本体
Subdrip RDA
0.2Ωコイル(アトマイザー設置済み)
交換用0.2Ωコイル
リキッドボトルx2
リビルド用コットン、ミニドライバー
バッテリー用シール
USBケーブル
取扱説明書

なかなか豪華なスターターキットです

電池は18650を1つ使用します

別売りになっていますので別途準備してくださいね


Item Spec

アトマイザー径:22mm
ボトムフィード機構対応
最大ワッテージ:60W
出力電圧:3.7V(固定ではない?)
最低抵抗値:0.2ohm
リキッド容量:7ml
素材:ステンレススチール(アトマイザー)、アルミ外装(MOD)
バッテリー:18650バッテリー
Micro USB充電可
低抵抗保護
バッテリー逆挿入保護
低電圧インジケーター


istick40w tcとのサイズ比較です

サイズ感はGOODです

ボトル側の蓋はマグネットタイプになっています

マグネットタイプとはいえ結構しっかりとくっつきます

外れる心配はありません


電池側の蓋はネジ式です

底面側にマイナス極がくるように

電池をいれてください

うっすらDRIPMODと見えますね


この穴からリキッドが出てきます

MOD側のピンは調節不可です

付属のアトマイザー以外を使う際は

アトマイザーでポジティブピンを調節してください

ベントホールはKangertechのロゴになっています

電池の色で見た目を変化できます

イッツ・ファッショナブル!

付属のアトマイザーは少し変わっていて

デッキが外れる仕組みになってます

ビルドに自信がない方はリプレイスメントコイルもあります

もちろん自分でビルドできる方はそのまま使用できます

ボトルにリキッドを入れれば

すぐに楽しめるようになっています


肝心の味についてですが、

スターターキットのRDAなので文句はいえませんが

それでもそこそこいい味だしてくれます


Kangertech (Kanger) Dripbox - RDA / Squonk Box & Punch Eliquid

煙の量などは13:30~辺りから


私はいつも

Cthulhu MOD Hastur RDA V2S

こちらで味わっています

今度レビューします!


RDAタイプのアトマイザーでもBottom Feeder用のピン

が無い物はボトルからリキッド供給ができません

こいつで吸うと異次元のうまさです

もうずっとチェーンしちゃいます


長くなりましたが、

Dripboxスターターキットのレビューはここまでです


いつもブログを見て頂きありがとうございます

つたない文章ではありますが、

少しでも皆さんの参考になれば幸いです



↓をポチッと
ランキング応援よろしくお願いします!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。