Eleaf istick 100w TC レビュー

今日は先日チラッとお見せしました

Eleaf istick 100w TCのレビューです

スペック

本体:100W VW/TC Box MOD
モード:TC(Ni/Ti/SS/TCR)/VW/バイパスモード
ファームウェアアップグレード対応
パラレル回路 (1本または2本の18650バッテリーに対応)
入れ替え可能なマグネットカバー
(ホワイト・グレー・ブラック)

510スプリング調整式コネクタ
サイズ: 52 x 23 x 94mm
バッテリータイプ: 高レートの18650バッテリー(25A以上)
出力モード: VW/バイパス/TC(Ni/Ti/SS/TCR-M1,M2,M3) モード
出力W: 1-100W(アップデートで120W対応)
対応抵抗値: 0.05-1.5ohm (TCモード);0.1-3.5ohm (VW/バイパスモード)
温度範囲: 100-315℃/200-600℉ (TCモード)
510スレッド


内容物

100W Eleaf iStick TC Mod (バッテリーなし)
micro USBケーブル
取り扱い説明書


となんだが盛りだくさんですね


本体上部にアトマイザーをセットできます

手前側はパフボタンのロックです

右側に寄せるとロック、左側にするとロック解除になります

USB充電する際は底面

ちなみに私はUSB充電は使いません

別途バッテリーチャージャーを使ってます

バッテリーはサイドのマグネットカバーを外していれます

シングルでも運用できます(75w上限)

ただシングルでも120wまで上げることが出来ます

さすがに恐ろしいのでシングル120wはやりませんが...

パフボタンはステルスになっています

カバーをかぶせて握りこむようにすると

パフボタンを押せる仕組みですね

私的にはこの仕組は好きです

押しやすいと思います


パフボタンを5回連続押すと電源ON/OFF


一番右のボタンでモード変更(長押し)

隣の丸いボタンで数値のアップダウンが出来ます

VWモード

アップデートで120wまで対応してます

アップデートはPCから行ってください

ページの下の方にあります



Bypassモード(擬似メカニカル?)

これは私もよくわからないので使いません

温度管理モード(Ni200)

wは固定ではなく1~120wまで変更可能です

温度管理モードはすべてw変更可能です

wの変更はメニューボタンを押しながら

アップダウンのボタンを押して変更してください

温度管理モード(Titanium)

温度管理モード(Stainless Steel)

温度管理モード(TCRモード)

これは使うコイルによって数値を自分で

設定・変更して使用するモードです


電源オフ(パフ5回)して、

パフ+アップボタン長押しでTCRモードの設定に移ります。

M1~M3の切り替えはアップボタン。数値を変えたいところで、

パフボタンをさらに1回押すと数値側にカーソルが移りますので

そこでアップ・ダウンボタンで数値の変更が可能です。


TCR設定値は↓

ニッケル 600-700
チタン 300-400
NiFe 300-400
SS'303,304,316,317) 80-200


とわけの分からない数値がでています

ので初心者の私は全く使ってません

使ってみたい方はググって

ぜひチャレンジしてみてください(レビューの意味が...)

今度いろいろ試してみたいと思います...


サイズ比較

左のistick 40w TCに比べると結構大きいです

外で使うとなるとかな~り目立つと思うので

基本的にはおうちで使ってます


長くなりましたが総評的に見ると

とても扱いやすいBoxModじゃないでしょうか?

そろそろ新しいModがほしいな~

2台目考えてるんだよな~

ちょっとハイパワーのMod買ってみたいな~

という方にはもってこいですね


ただ18650バッテリーを使うので

取り扱いには少々注意が必要です


istick 100w TCとistick 100w VV/VW

と100wには2つラインナップされてますので

購入する際はよく確認してくださいね



↓ポチッと
ランキング応援お願いします!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。